商品検索

  • 松尾の特選ギフト
  • 美味しい食べ方
  • 天然ムートン販売

商品ラインアップ

ジンギスカン
  • 送料無料セット
  • 	ジンギスカン(マトン)
  • ジンギスカン(ラム)
  • ソーセージ
  • 雪わさび
  • ジンギスカン鍋
  • ご贈答用ギフトセット
  • おかし

レビューキャンペーン100ポイントプレゼント!

トップ > マツジンって?

マツジンって?
松尾ジンギスカンとは
「マツオ」は、1956年(昭和31年)に北海道滝川市に誕生し、満60周年を迎えました。創業以来、ジンギスカンひとすじに味を追求。天然の果汁やスパイスだけでつくった秘伝のタレを完成させ、北海道を代表する食文化に育て上げました。

現在では、北海道内に100店舗以上のネットワークをつくり、全道の消費者 1000名に対して行ったアンケート調査では、「松尾ジンギスカンを知っている」と答えた人が約98%に達しています。また、道外から訪れる観光客の間で も、「松尾ジンギスカン」に対する満足度は高く、常に上位にランクされています。

そして40周年をきっかけに、去る平成8年8月8日、社名を、創業以来馴れ親しん だ「松尾羊肉株式会社」から、「株式会社マツオ」へ変更しました。この社名変更には、多様化する食のニーズやライフスタイルに対応しながら、新しい食文化 を全国に発信し、提案していけたらという願いがこめられています。
北半球と南半球、2つのさわやかランドの「共同傑作」


「松尾ジンギスカンを食べて、初めてジンギスカンの美味しさを実感した。どうしてこんなに違うの?」私たちは、お客さまから、しばしばこんな質問を受けることがあります。その味の真髄は、残念ながら企業秘密なのですが、ここでは、そのぎりぎりのところをお教えしましょう。
ニュージーランド産の羊を厳選
マツオは、美味しいジンギスカンを手頃なお値段で楽しんでいただくために、経営者自ら世界のマトン産地を訪ね歩き、南太平洋の美しい草原の島ニュージーランドに惚れこみました。 豊かな自然の中、最高の牧草を食べてすくすく育つ羊たち。その中から、「松尾ジンギスカン」のために、最高品質の羊肉が厳選されるのです。土づくりや牧草づくりにも、有機農業の技術が活かされていますから、すべてヘルシーでクリーンな羊肉。しかも、低カロリーで高栄養価と、現代人の食生活にうってつけの食材です。
徹底した品質管理で日本へ直送
ニュージーランドで生産された新鮮なマトン及びラムは、徹底した品質管理のもと日本へ直送され、マツオの卸センターで解体されます。その輸送システムは、常にマツオの専任スタッフが管理し、肉の品質や安全性を厳しくチェックしています。ここにも、ジンギスカンひとすじの味に対するこだわりが息づいています。
秘伝のタレに漬け込んで味を仕上げる
いよいよ、タレへの漬けこみが始まります。羊肉には特有のにおいがありますので、本来の味を引き出すためには、これを上手に消さなくてはなりません。この段階で手軽に使われるのがニンニクですが、その強烈な臭いは、羊肉の旨みをそこなう恐れがありますし、どなたにもお楽しみいただける味にはなりません。

そこでマツオは、生ニンニクはまったく使わず、搾りたての果汁に十数種類に及ぶ調味料や香料を加えて、独創的なタレを考案しました。それは完璧なまでの「自然食品」であります。

その完成には十年を要しましたが、創業者・松尾政治は、このタレに納得できるまで、ジンギスカンの営業をいっさい行ないませんでした。それほどのこだわりであり、それほどの自信作でもあるのです。
登録商標の「専用鍋」がうまさをグレードアップ
こうして仕上げたマトン及びラムを、どなたにも美味しく召し上がっていただくために、マツオは、独自の工夫を凝らしたジンギスカン専用鍋を開発しました。火の通りを巧みに調整しながら、お好みの焼き加減を楽しめるもので、今や、マツオの登録商標となっています。

このように、マツオならではの美味しさは、北海道とニュージーランドという、北半球と南半球の良く似た「さわやかランド」が、十年がかりで生み出した共同傑作と言えるかもしれません。